沖宮

沖宮(おきのぐう)

那覇市 奥武山運動公園内にある神社です。
鳥居の両脇には、白い狛犬がいます。沖縄だからシーサーかも…

白い鳥居が目立ちます。
鳥居を潜ると左側にお清めの水場があります。

こちらが拝殿です。
昔ながらの作りの拝殿ですね。

琉球八社のひとつ、沖宮の創立は、詳かでないが源為朝公時代と琉球史科書にある。 国家安穏、五穀豊穣、陸海交通安全の神船玉神として歴代琉球王を始め諸民に 尊崇された。
明治41年那覇港築港の為、字安里に遷座。
昭和10年に国宝に指定されるも第二次世界大戦で焼失、戦後 沖宮創始の御祭神即ち 霊木の根は、奥武山天燈山御嶽と神示を受け御神慮により昭和36年に通堂町に 仮遷座、昭和50年8月現在地に御遷座。

拝殿の後ろの方には、住吉神社があります。
その住吉神社の前の石碑には、恵比寿大明神、混比羅大明神、大國大明神と記されていました。

住吉神社の近くには、弁財天宮が祀られています。

沖宮データ

沖縄県那覇市奥武山町44番地

御祭神:御先 女天神代・中 女天神代・今 女天神代

住吉神社の御祭神
天風龍大神・表臣幸乙女王御神・天火龍大神・中臣幸乙女王御神・天水龍大神・
底臣幸乙女王御神

弁財天宮の御祭神
木龍字具志久乙姫王

沖宮の動画、及び地図は、こちら。