仮想通貨 ネム

こんにちは、@マルです。

 

最近、仮想通貨にハマっています。

ハマって、NEMに10万円投資してダダ下がっている今日このごろです。

ダダ下がりのNEM(ネム)ですが、それでもサラリーマンの私には、NEMがお買い得だと思います。

そこで、なぜ、NEMがお買い得なのか?

サラリーマンに、なぜ、NEMを買って欲しいのかをここで紹介します。

 

サラリーマンでも購入できるNEMの安さ

日本にある仮想通貨取引所で購入できる仮想通貨の中で、一番安いのがNEM(ネム)です。

 

NEMは、New Economy Movement(新しい経済運動)の略。

国や政府などの中央集権などに縛られない新しい経済活動を目指したプロジェクトから生まれました。

NEMは、”ブロックチェーン プラットフォーム”という技術を利用しているのですが、その技術はビットコインのブロックチェーン技術を改良したものです。

そして、このブロックチェーン プラットフォームの中で使用されるのがNEM(通貨単位がXEM)なのです。XEMは、ゼムと呼びます。

 

 

2018年3月5日、19時35分時点で、1XEM=約35円。

約35円で、1XEMが購入できます。

5,000円だと約142XEMを買うことができます。

 

サラリーマンにオススメする大きな理由が、このNEM(ネム)が安いからです。

ただし、このNEM,この先、価格が上昇する可能性があります!!理由は、このページの後半で紹介しています。

 

 

仮想通貨で有名なビットコイン。

ビットコインも数千ある仮想通貨のひとつです。通貨単位がBTC。

一時期、1BTCが200万円となり、かなりマスコミで取り上げられました。この報道がきっかけで仮想通貨の取り引きを始めた方も多いことでしょう。私もその一人です(笑)

 

「億り人」という言葉が生まれたきっかけとなった仮想通貨でもあります。
※億り人、仮想通貨の取り引きで、”億単位”で稼いだ人のこと。

 

現在、2018年3月5日20時時点の1BTCの価格は、約120万円。

つまり、1BTCを購入するのに、120万円も必要となるのです(T_T)

一時期の200万円ほどじゃないけど、高すぎて安月給のサラリーマンには買えません。

 

でも、ビットコインは、必ずしも1BTC単位で購入する必要がありません。

1BTC以下でも購入できるんですよ^^

細かいことは省きますが、以下に国内にある取引所で購入できる最低取引単位を紹介します。

 

ビットフライヤー(bitFlyer)、0.001BTC

※1BTCが100万円の時、1000円で0.001BTCが購入できます。

 

ザイフ(Zaif)、0.0001BTC

※1BTCが100万円の時、100円で0.0001BTCが購入できます。

 

サラリーマンでも、仮想通貨の基軸通貨って呼ばれているビットコインを持つことが可能なのです。

現在、2018年3月5日20時時点の1BTCの価格は、約120万円なので、Zaifだと120円でビットコインを持つことができるんです。0.0001BTCですが…

 

でもですね、正直、今のままだとビットコインで「億り人」になるのは、厳しいと思います。

あっ仮想通貨にドバドバっとお金をつぎ込むことができる人なら可能性は大です。

 

でも、毎月の小遣いが3万円のサラリーマンだとほぼ、ムリでしょう。

小遣いの中から、ビットコインを購入したとしても、1万円/月がマックスでしょう。現在の1BTCが、約120万円なので2倍になっても240万円です。

 

単純に4,600万円ほどビットコインにぶっこんで、そのビットコインが2倍になれば1億円を突破!!って感じです。

4,600万円を自由にできるサラリーマンの小遣いが3万円/月ってことはないですよね笑

 

それなら、NEMの可能性にかけてみませんか!!

 

NEMの価値が上昇する理由

国内で取引されている仮想通貨で中で最安のNEM。

でも、2018年からNEMの価値が上昇すると言われています。つまり、NEMの価格が急激に上がるのです。

その理由は、

  • カタパルトの実装
  • アグリゲートトランザクションの導入
  • バイナンスへの上場

 

NEMに今後、実装されるカタパルトとは

2018年以降に実装が予定されているのがカタパルトです。

簡単に言えば、NEMにカタパルトが実装されると処理速度が大幅にアップします。

 

NEM以外に人気のある仮想通貨の処理速度を表にまとめました。

仮想通貨 処理速度
ビットコイン(BTC) 約14件/秒
イーサリアム(ETH) 約15件/秒
リップル(XRP) 約3,000件/秒
NEM(カタパルト実装後) 約3,000~4,000件/秒

 

ちなみに、クレジットカードで馴染みのあるVISA。
このVISAの処理速度が約4,000~6,000件/秒です。カタパルトに実装されると、VISAと同等、それに近い処理速度なります。

よって、カタパルト実装後のNEMは、現実的に使える通貨になるのです。

 

アグリゲートトランザクションとは

アグリゲート・トランザクション=複合トランザクションのこと。

近く公開される mijin の新エンジン「Catapult」で実装される斬新な機能の⼀つに「aggregatetransactions(アグリゲート・トランザクション=複合トランザクション)」というものがある。

複合トランザクションとは、基本的には複数のトランザクションを⼀つのセットとしてとりまとめて、該当する当事者のマルチシグが完結した場合に、その全てを「同時」に決済できる機能である。

注⽬すべきは、これらはマルチシグによって表記順に実⾏されるのではなく、最終結果の残⾼が有効である限りは「アトミック・スワップ」として「全て同時」に実⾏される点である。

⾔い換えれば、それは Catapult コアでネイティブにサポートされる、複数当事者間のワンタイム・スマート・コントラクトである。

これは、API コールによってコントラクトを執⾏し、⻑期的且つ反復的な使⽤を前提にデザインされる複雑なスマート・コントラクトを書くリスクと重責を払拭するという全くを以て新
しい考え⽅である。

更には、ワンタイム・スマート・コントラクトは有効な残⾼ありきで執⾏可能か不可能かをデザインするものである。

したがって、それは⻑期的な利⽤が前提にもかかわらず間違
って書かれてしまったスマート・コントラクトに⽐較して、反復的な攻撃に対しての耐性が⾼く、損失リスクを最⼩限に抑える事が可能である。

COMSAホワイトペーパーより

 

正直、「なんのこっちゃ…」という内容です。

アグリゲート・トランザクションについては、文章よりも下記の動画をごらんください。1:14秒あたりでアグリゲート・トランザクションについて説明しています。

 

バイナンスへの上場で、価格が高騰する!!

バイナンス(BINANCE)は、香港にある仮想通貨取引所です。

日本人でも取引が可能ですが、言語が英語や中国語。以前は、日本語にも対応されていたのですが…

日本語に対応されていないので取引など敷居は高くなりますが、語学に自信のある方は、ぜひ、バイナンスでも取引をおこなったほうが良いですね。

理由は、約80種類の仮想通貨を取り扱っているからです。

通貨の数が多いということは、取引の幅が広がりリスク分散になります。また、1円未満の通貨も多いのも魅力的です。

1円未満の通貨を大量に持っていれば、将来、その通貨が高騰すれば…^^

 

さて、このバイナンス。
まだ、NEMを取り扱っていないのですが、近い将来、バイナンスに上場させると発表しているのです。

13分ごろからNEMの上場についてコメントしています。

 

内容は、
「実は私たちはネム(NEM)を上場させる予定があります。コインチェックのハッキングによって一時この動きは止まっています。ネムは世界中で、特にアジアや日本で利用されているので、すぐにでも上場するつもりです。」

 

実際、いつ上場するかはコメントしていませんが、コインチェックのハッキング事件で流出したNEMがある程度、片付いたら上場するのではと思っています。

事件に関しては、こちらをどうぞ⇒NEM仮想通貨流出事件

 

株は、上場されると株価が上昇します。
仮想通貨も同じく、大手取引所に上場されると価格が上昇します。

実際、仮想通貨のひとつ、モナコインが国内の取引所のひとつビットフライヤーに上場した際、一時的に約8倍も上昇したのです。

 

とりあえず、モナコインの例もあるので、バイナンスに上場される前にNEMを持っておきましょう。

価格が100円以下なら、サラリーマンでも買えます!!

 

まとめ

とりあえず、金のないサラリーマンはNEMを買いましょうってことです。

NEMは、まだ、100円以下ですからね。

まだ、小遣いの範囲で買える価格ですから。

でも、小遣い価格のNEMが、2020年頃には、20,000円を突破する…かも。

海外の仮想通貨NEWSサイト(cryptocurrency)で2018年から2020年にかけてのNEMの予測がされています。

 

2020年12月に、226.2ドルになると予測されています。
※1ドル=106円として、約23,980円になる…かもです^^

 

あくまで予測ですから、この予測通りに価格が上昇することはないでしょう。でも、可能性もありますからね。

 

私は、現在、NEMを11万円ほど購入しています。

もし、この予測のとおりに価格が上昇するのなら、2020年には5,000万円になっている計算になります。

億り人の半分ですが、5,000万円でもかなり嬉しい。

5,000万円もあれば、住宅ローンの返済にも回せますし、下手をすれば完済もできます。子供の教育にもお金を回すことができますしね。

 

11万円が無になることもあります。
毎月の小遣いが3万円のサラリーマンにとって、11万円がなくなるのは痛いですが、それでも5,000万円になれば、人生が変わると思いますよ。

 

人生が変わる可能性があるのが、仮想通貨です。

何もしないで後悔するよりも、一歩でも行動して経験する人生にしたいと私は思っています。

 

NEMを購入するなら、Zaif(ザイフ)です。

国のお墨付きですので、安心ですよ(近畿財務局長 登録番号00002号)

Zaifの公式ページへ

※いざ、仮想通貨を買おうっと思っても取り引きするには、口座が必要です。
私の場合ですが、口座開設まで約3週間ほどかかりました。
時間がかかった理由は、正月を挟んでいたことと、口座開設する方が多かったことです。口座の維持費は無料なので、とりあえず、口座を作っておくことをオススメします。

なぜなら、口座開設が遅れると、絶好の買うタイミングを逃してしまうからなんですよ。

人生も同じですが、あの時に◯◯しておけば…を繰り返さないようにしたいですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
参考になれば、Facebookやツイッター、ブログなどで紹介してもらえらば、小踊りして喜びます^^